活動報告
    Home   > 設立主旨
釧路根室圏まちとくらしネットワークフォーラム設立主旨

釧路根室圏まちとくらしネットワークフォーラム
座 長   宮 田 昌 利



設 立 主 旨

私共、「釧路根室圏まちとくらしネットワークフォーラム」は地方の潜在力、将来性を再認識し、地域の住民生活の健全な向上・発展に寄与する事を目的とし結成いたしました。

平成15年頃物議をかもしました道路公団民営化問題の際、高速道路のあり方について全国的に議論が高まっておりました。
このまま地方が黙っていると、切り捨てられてしまうという危機感を抱き、「黙っていても国が、行政が何とかしてくれるだろう。」から地域から地方の声を中央にどんどん発信し民間の良識ある民意を堂々と中央に主張して参りました。
高速道路問題につきましては社会基盤整備の必要性について民間から地方の声を大きく挙げて参りました。

一昨年3月29日に白糠ICが開通し、昨年3月12日、阿寒ICが開通致しました。本別〜釧路間の着工から11年間で釧路の玄関口まで延伸致しました。 開通後の釧根管内の道の駅等観光施設、物販店等への利用者数・消費額が目を見張るほど伸びており、また近年夏を中心に本州からの長期滞在者が増加し道内市町村で5年連続1位の町、そして避暑地として注目が集まっております。

昨年8月末に再三上陸致しました、台風により北海道最大の自然災害が起き、道内各地に甚大な被害を及ぼしました。
釧路−札幌のJR線も不通(以後4ヶ月全面運休)、国道274号 日勝峠も不通となりましたが、唯一道東道のみ通ることができ釧根地域に住む住民にとって市民生活の足、物流の大動脈としての役割を果たしてくれました。更に高速バスの増便により物流人流が滞らず陸上交通網の役割・必要性を実証してくれました。

この度、私ども「釧路根室圏まちとくらしネットワークフォーラム」は、すべての日本国民が同様の社会基盤整備の恩恵を享受するべきであり、そのためには高速道路不毛の地、当釧路根室圏に一日でも早く道東自動車道の延長を願う熱意を持った有志で構成する民間の市民組織として活動して参ります。

産官学との連携、そして、十勝圏,北網圏との連携も強化して北海道の経済・産業・物流・観光・生活に寄与するべく精力的に活動して地域の世論喚起の役割を果たして参りたい。

平成29年4月1日

釧路根室圏まちとくらしネットワークフォーラム 会員名簿

平成30年06月07日現在

  会社・団体名 役 職 名 氏  名
座 長 釧路産業クラスター創造研究会 会 長 宮 田 昌 利
副座長 拓殖不動産(株) 代表取締役社長 杉 村 荘 平
副座長 釧路国際交流協会 会 長 天 方 智 順
副座長 釧路湿原塾 運営委員 坂 野 賀 孝
  福司酒造(株) 代表取締役社長 梁 瀬 之 弘
  三ツ輪運輸(株) 代表取締役社長 栗 林 定 正
  阿寒グランドホテル
(観光カリスマ百選認定)
代表取締役社長 大 西 雅 之
  くしろ複合観光・ゲーミング研究会 会 長 白 崎 義 章
  日の出工芸(株) 代表取締役 三 輪 昌 博
  ホテル阿寒湖荘 総支配人 松 岡 利 幸
  (株)美警 代表取締役 三 上 葉 月
  三ツ輪運輸(株) 企画室 室長 増 田 憲 彦
  釧路方面安全運転監理者協会 副会長 新 妻 緊 市
  月曜塾 運営委員 金 子 ゆかり
  (株)ヨシダ造園緑化 代表取締役 吉 田 英 司
  (株)山拾村上商店 代表取締役 村 上 祐 二
  (株)浅川商会 代表取締役 浅 川 正 紳
  三洋電気船具(株) 代表取締役 市 橋 夛佳丞
  東洋ビル開発(株) 代表取締役社長 瀧 波 大 亮
  佐渡正幸司法書士事務所 所 長 佐 渡 正 幸
  (株)クロダ部品商工 専務取締役 黒 田 恒 史
  音別衛生(株) 代表取締役 荻 原 秀 一
  NPO法人 グリスの杜あかん 理事長 小野寺   俊
  (株)白糠町振興公社 代表取締役 山 根   浩
  FMくしろ ディレクター 鈴 木 直 哉
  商工会議所 企画広報課課長 元 氏 克 己
  標津町産業クラスター研究会 副代表 上 田 修 平
  根室商工会議所 青年部 理 事 山 下 大 介
  (株)瑞相工業 代表取締役 杉 本 隆 英
監 査 (株)グローバル経営センター 代表取締役専務 山 下 徹 也
運営会議議長 東部開発(株) 代表取締役社長 濱 屋 宏 隆
運営会議 釧路商工会議所 青年部 会 員 松 田 有律香
運営会議 釧路センチュリーキャッスルホテル 総支配人室室長 反 保 宏士郎
運営会議 (株)絆 代表取締役 松 井 聖 治
運営会議 (有)厚岸清掃社 専務取締役 西 田 一 博
アドバイザー 北洋銀行顧問・北海道二十一世紀総合研究所 研究顧問 小 磯 修 二
アドバイザー 釧路公立大学教授・地域経済研究センター長 佐 野 修 久